自律神経の乱れ

dsc_0120

 

・気分が落ち込みやすい。
・やる気がおきない。
・不眠で寝つきが悪い。
・色々考え込んでしまう。
・動悸がする、呼吸が浅い。
・お通じが悪い。

更年期のような症状、汗かきやすい、イライラしやすい、不眠がきつくなって鬱になってしまう方もいらっしゃいます。共通することとして不眠症と判断されるまでいかなくても、「睡眠導入剤を飲んでます」という方が結構いらっしゃいます。

 

自立神経が乱れると不眠になりやすい

自律神経には、交感神経、副交感神経があるのですが、交感神経というのが優位になりすぎると、リラックスさせる副交感神経がうまく働かないような状態になります。

寝る時にはリラックスして眠りに入る状態になりますので、交感神経が優位なままって状態だと、体としては興奮状態になるので、眠れなくなります。

副交感神経が全く働かないという訳ではなく、交感神経と副交感神経、どちらが優位に働いているかというバランスの問題でした。例えば、日中にストレスのかかるようなことが多いと、交感神経が優位な状態が続いてしまうので、そこからスイッチがオフできなくなってしまう。

そういう人たちは、例えば、寝ようとして最初は薬を飲んだり、病院に行ったりします。本当は、みなさん薬に頼らなくて寝れるようになりたいと思ってる方が多いんです。

睡眠をとらないと体調も悪くなりますし、お仕事にも影響してきますので、最初の処置としては、仕方ない方もいるのですが、そこからずっと抜け出せないとなると、これは問題かなと思います。

自立神経を交感神経、副交感神経をうまく働く状態にもっていってあげないと、不眠だけじゃなくて他の体の影響も出てきますので、良くない状態ですね。

 

自律神経の乱れの施術方法

dsc_0114

自律神経は内臓を管理している神経なんですが、こちらは内臓に対してのアプローチというより自律神経の中でも、呼吸。呼吸は自分でもコントロールできますし、そこからアプローチして自律神経を整えていくという方法をとります。

呼吸がうまくできるように体の構造から整えていく方法が一つ。

そしてもう一つは、ツボを刺激する方法。
不眠に効果があるツボがいくつもありますので、そういったツボを刺激していくという方法を合わせてやっていきます。

 

不眠を改善した例

「薬を飲まないと寝れない」と言っていた方がいらっしゃったのですが、その方は姿勢の乱れがありましので、姿勢の矯正と不眠のツボを使った施術をしました。だんだん眠れるようになり、完全に薬にも頼らずに、夜もスッキリ眠れるようになるのに、2ヶ月ぐらいでその状態になりました。

現在も再発もされていなく良い状態をキープされている状態です。

 

せいりき整体院の施術の特徴

 

お客様の声 続々頂いています。

※効果には個人差があります。

 

 

施術の流れ