産後骨盤矯正

 

・妊娠前に履いていたズボンが入らない。
・授乳中の姿勢が辛い、自分では骨盤が開いているかわからないけど気にる。
・妊娠前の体系に戻る気配がない。
・産後骨盤矯正はやった方が良いと周りから聞いてはいるけれど、どこへ行ったら良いかわからない。
・子育てでバタバタしているうちに半年以上たってしまった。
・小さい子供がいて、預ける人がいないので、行きたくてもいけない。

一人目が生まれた後、わりとすぐに元の体型に戻ったのに、
二人目は、全然戻らない。

妊娠前に履いていたズボンがきつくなかった。
妊娠前にあった痛みが更に強くなってしまった。

産後のお悩みでは、このようなことを多くいただきます。

 

2人目の出産で骨盤の戻りが悪く。

産後2ヶ月で来院された30代の方が二人目の出産で一人目の時、産後骨盤矯正はやっていなかったということですが、股関節の痛みとかそういう症状もあったのですが、一人目の時と比べて、中々体型の戻りですとか、そのあたりが一人目よりも良くなく、骨盤が開いているのも気になって、どういう状態か教えて欲しいというのと、「骨盤を締めて欲しい。」と言って来院されました。

痛みなどのそういった症状自体も、だいたい5、6回くらいで改善しましたが、同時に育児の疲れなんかも出ていましたので、そのあたりの疲れを取るような施術もやりつつ、骨盤をしっかりバランスを整えながら締めていくという形の施術をさせていただきました。

約4か月通院していただき、この方は、妊娠前の体型にほぼほぼ戻すことができたということで、喜んで頂きました。

一回目の施術で変化を凄く実感していただき、「触った感じで、骨盤の開きがさっきよりもペタンコになった」と表現されていたと思うんですけど。「でっぱりがなくなった」とか、そういった感じで驚いていただきました。

歪みの面でいうと終わった後、帰りの車に乗った際に「行き乗ってきた、バックミラーの見え方がちょっと変わった。」ということで、ミラーの位置が変わった、という事は、それだけ、座り方、歪みが変わったということですかね、そこも驚いていました。

あと便秘もあったんですが、それも改善したと喜んでいただけました。

 

赤ちゃんにも優しい。

院内にはキッズルームもありますが、バウンサーも置いてあって、お母さんの隣で赤ちゃんを寝かせながら、施術を受けることもできますし、泣いてしまった場合なんかですと、受付スタッフが抱っこしてあやしたり、そういった形で対応させていただいいておりますので、赤ちゃんを連れて来ていただいても大丈夫です。

骨盤を締めていただくことで、美容面といいますか、プロポーションの変化も出てくるんですけども、産後の骨盤矯正をやっておくかどうかは、その後の10年、20年たった時に。例えば、更年期とかそういったところまで影響が出る可能性があるんですね。

骨盤の状態を整えるということによって、内臓の位置も正常な所に戻ったりしますので、内臓への血流だったり、ホルモンのバランスだったり、そういったことにも影響がでてくるんです。

実は、妊娠前の体型に戻すって表現があったんですけど、出産は、ある意味、最大のデトックスという表現にもなるんですね。

一度、お母さんの体を生まれ変わらせると言いますか、そういったチャンスの時期でもあります。

ここでしっかりと骨盤のケアをしていただくことによって、中には、「妊娠前よりも綺麗になった」という方、「ホントにこんなに何人も生んでるのに、こんな体型を維持してるなんて凄いですね」と言ってもらってる方は、やはり、産後の骨盤のケアをしっかりやったという方が多いです。

産後一か月間は、骨盤低筋ですね、筋肉のダメージですとか、母体のダメージがある状態ですので、その間はしっかりと安静にしていただきたいんですけども、1か月たったら、痛みがある方でしたら1か月後からも対応させていただきますし、そうじゃない場合でしたら、2ヶ月後くらいから半年までの間にやってもらうのがベストかなと思います。

ただ、半年を過ぎてしまったらダメかというとそういう訳ではないので、遅くても1年以内にしっかりやってもらうのが良いですね。